ドライバー1日の流れ

点呼



運転するまでに、運行前点検と、アルコールチェックを行います。 運行前点検では走行中に事故が起きるのを未然に防ぐために、 運行管理者による点呼を受けて問題なく運行できるかチェックします。
最後のアルコールチェックでは、 専用の機械に息を吹きかけて アルコールが検出されないことが確認されてから運転することができます。

積込



丸和で保管してある荷物をトラックへ積み込みます。お客様の大事な荷物が運転中にズレたり傷つかないよう、どうしたら荷物を傷つけずに安全に送り先に届けられるか考えて積みます。
雨濡れ厳禁の荷物は、屋根のないトラックではシートを何枚もかけて守ります。

出発



事前に依頼を受けている仕事を、配車係から指示を仰ぎ、目的地へ運びます。
安全運転とエコドライブを心掛けて、今日も一日がんばりましょう!

運転



高速道路を利用しながら、決められたルートを目的の事業所へ向けて運行します。
また、ドライブレコーダーで走行状況を撮影し、デジタルタコグラフで運転速度などの情報を分析し、安全運転に努めています。

到着



荷物を届けて、お仕事完了です。
ドライバーは会社に無事完了した旨を電話で報告します。それから、その報告を聞いた配車係が、お客様に「荷物が無事届きました」と、お伝えすることでお客様は安心して荷物を預けることができます。

終礼



終礼では日々の業務活動の報告を行います。例えば、前日の報告や当日の計画や予定の発表のほか、上司の指示の伝達、情報の共有などです。
また、お客様からのクレームやお褒めの言葉を伝えるなどして、次の日も良い仕事ができるよう一日を振り返ります。

お問い合わせ